コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【成功のカギ】Lステップでは教育が重要!一連の流れ・NG行動・使える機能を一挙紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「Lステップで教育が重要視される理由を知りたい」
「Lステップの教育はどうやって行うの?」
「顧客教育に使えるLステップの機能はある?」

マーケティング
初心者

このようなお悩みを抱えていませんか?

Lステップで成果を出すには、見込み顧客の教育が重要です。ビジネス成功の分かれ道といっても過言ではありません。
とはいえ、Lステップを使ってどのように顧客を教育すればいいのか分からない方も多いはず。

そこでこの記事では、Lステップの教育について

  • 重要視されている理由
  • 具体的な流れ
  • 注意ポイント

などを解説します。

「ビジネスを成功させたい」「Lステップの成果を上げたい」と考えている方は、ぜひご一読ください。

なお、僕のメルマガでは、Lステップを始めとしたネットビジネスのノウハウを紹介しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください!

 

Lステップの概要をサクッと解説

Lステップをザックリ説明すると、メールマガジンのLINE版です。友だち登録してくれた人に向けて、メッセージを届けられます。
Lステップの強みは、性別や年代、居住地などを始めとした情報を管理できることです。

LINE公式アカウントよりも、ユーザーの詳細な属性を把握できます。

Lステップの料金プランは、主に以下の3つです。

  • スタートプラン:月額2,980円
  • スタンダードプラン:月額21,780円
  • プロプラン:月額32,780円

など、各プラン最低でも3ヶ月間の契約が必要となります。

 

Lステップにおいて教育が重要視される2つの理由

Lステップは、見込み顧客を教育するフェーズが重要です。

こちらでは、教育が重要視される2つの理由を紹介します。

  1. 成功の分かれ目であるため
  2. ファンを獲得できるため

順番にみていきましょう。

1.成功の分かれ目であるため

Lステップでは、見込み顧客の教育の良し悪しによって、事業が成功するかどうかが決まるといっても過言ではありません。

教育は、顧客と接するフェーズです。そのため、どんな情報を発信するかによって、顧客があなたに抱く印象は異なります

例えば、商品・サービスの売り込みばかりを行っていては、マイナスな印象を持たれる可能性があります。結果、ビジネスの成果は期待できないでしょう。

2.ファンを獲得できるため

Lステップにおいて教育が上手くいけば、あなたのファン獲得に繋がります。

ファンは、SNSにコメントをつけてくれたり、自分の発信を拡散してくれたりと、自分のビジネスを盛り上げてくれる存在です。結果、商品を売りやすい・採用の際にコストを削減できるといったメリットを得られます。

ビジネスを成功させるためには、Lステップを活用して自分のファンを獲得しましょう。

 

Lステップにおける教育の流れを4ステップで解説

Lステップで教育を行っていく際には、以下4つのステップを踏みましょう。

  1. 有益な情報を提供する
  2. 自己紹介を行う
  3. 商品・サービスを紹介する
  4. 無料体験の案内をする

これからLステップを始めようと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

ステップ1.有益な情報を提供する

Lステップで教育を行う際には、まず顧客にとって有益な情報を提供することから始めましょう。

目的は、発信に対してユーザーから興味を持ってもらうためです。いきなり自社や自分の紹介した場合、顧客は発信内容を読んでくれない可能性が高いです。

最悪の場合、必要のない情報だと認識されてしまい、LINEの通知停止・ブロックなどに繋がるケースもあります。1度ブロックされてしまうと、解除される可能性は少ないです。

そのため、最初の内は顧客が「役に立った」「悩みが解決した」と思う有益な情報を提供しましょう。
ユーザーがどんなことで悩みを抱えているのかを考えると、発信する内容を設定しやすいです。インターネットやYahoo!知恵袋などを活用して、顧客の悩みを明確にしてみてください。

ステップ2.自己紹介を行う

有益な情報を提供し、顧客からの興味を集められたところで自己紹介を行いましょう。
このフェーズでは、自分の考えや経歴などを伝えるように意識します。顧客から、より信頼してもらうことが大切です。

例えば、副業のコンサルティングの集客が目的なら、

  • 副業に失敗した経験からコンサルティングを行うと思ったこと
  • どのような副業をしてきたのか
  • コンサルティングを通して「副業成功者を増やしたい」と考えていること

といった内容を紹介してみましょう。商品を開発しようと思った経緯や顧客に抱いている思いを発信すると、信頼を寄せてもらいやすいです。

より興味を持ってもらえるよう、踏み込んだ部分までユーザーに届けるよう意識してみてください。

ステップ3.商品・サービスを紹介する

続いて、商品・サービスの紹介を行います。
このフェーズで重要なのは、商品・サービスを利用するメリットを感じてもらうことです。

Lステップを活用する際には、

  • 商品・サービスを使うことで得られる利益(ベネフィット)
  • 競合他社よりも優れているポイント
  • 顧客が抱えている悩みの解決方法

などの情報を発信します。このように、顧客の購買意欲を高めるように意識しましょう。利用者の声や事例を発信するのもおすすめです。

ステップ4.無料体験の案内をする

商品・サービスへの興味が高まっている状態で、無料体験の案内をします。

教育の段階では「いかに顧客に購入してもらえるか」を考えることが重要です。そのため、無料体験を通して、商品・サービスの良さを知ってもらいましょう。

なお、Lステップの配信は、2回に分けることをおすすめします。1通目で無料体験の案内、2通目で体験枠がなくなってきていること(残り〇名様など)を記載すると、申し込みが期待できます。

 

Lステップにおける教育時の注意ポイント3選

Lステップで教育を行う際には、注意すべき3つのポイントがあります。

  1. 利用規約を守る
  2. 配信数をオーバーしない
  3. 短期間での成果は期待できない

これらの項目に気を付けないと、アカウントが使えなくなったり、メッセージが送れなかったりするなどのリスクがあります。

Lステップを利用しようと考えている方は、必ずチェックしてみてください。

1.利用規約を守る

Lステップを活用する場合は、利用規約を守りましょう。

アカウントの凍結・削除のリスクがあるためです。利用規約を破った結果、Lステップが利用できなくなる可能性があります。

違反内容は、以下の通りです(2021年12月時点)

  • 医療関連
  • 出会い系
  • アダルト
  • ネットビジネス
  • マルチ商法
  • クレジット現金化
  • ギャンブル
  • 個人情報販売
  • 模倣品:海賊版
  • アフィリエイト

利用規約は変更される可能性があるため、Lステップを活用する前に公式サイトの情報を確認しておきましょう。

2.配信数をオーバーしない

Lステップには通数制限があり、オーバーすると以降の配信はストップします。
配信の間隔が空いた結果、思ったような成果が挙げられない可能性も考えられます。

なお、プランによって上限は変動します。以下の表は、各プランの月間配信数の上限をまとめたものです。

プラン月間配信数の上限
スタートプラン1,000通
スタンダードプラン15,000通
プロプラン45,000通

Lステップの効果を高めるためには、配信数がオーバーしないように注意しましょう。

3.短期間での成果は期待できない

Lステップを利用する際には、短期間での成果は期待できないことを頭に入れましょう。

即効性が低く、始めてすぐに商品・サービスが購入されるものではないためです。
一方、じっくり見込み顧客を育てられるため、リピーターやファンを獲得しやすいというメリットがあります。

Lステップで成果を出すためには、継続的に取り組む姿勢を大切にしましょう。

 

Lステップの教育をサポートしてくれる5つの機能

Lステップには、教育をサポートしてくれる便利な機能が搭載されています。主に、以下の5つです。

  1. ステップ配信
  2. リサーチ機能
  3. セグメント配信
  4. リッチメニュー
  5. カルーセル

どのような機能なのか、順番に解説します。

1.ステップ配信

ステップ配信とは、あらかじめ配信の内容とスケジュールを決め、自動配信する機能です。

例えば、友だち追加してくれた翌日には自己紹介、3日後には配信内容の概要を説明するといった使い方ができます。
ステップ配信を活用することで、見込み顧客へのアプローチを漏れなくできるのがメリットです。

1度設定してしまえば自動的に集客を行ってくれるため、積極的に利用することをおすすめします。

2.リサーチ機能

リサーチ機能は、投票・アンケート形式でユーザーの意見を集められる機能です。

主に、

  • 人気商品のリサーチ
  • 満足度アンケート
  • 認知度チェック

などに利用できます。
この機能を活用することで、ユーザーの悩みが分かります。

例えば「今解決したいことは何ですか?」「もっと良くしたいことはありますか?」などにすれば、ニーズを分析できるでしょう。

3.セグメント配信

セグメント配信とは、登録しているユーザーから絞り込んでメッセージを送信できる機能です。

例えば、以下のようにグループ分けできます。

  • 動画を視聴した人
  • 申し込みページを開いた人
  • アンケートに回答した人

Lステップでは、LINE公式アカウントよりもさらに細かい条件で絞り込みができます。
セグメント配信を使えば、ユーザーの関心に合わせてピンポイントに情報を発信できるのがメリットです。

4.リッチメニュー

リッチメニューは、LINEのトーク画面のキーボード部分に表示できるメニュー表示のことです。
画像やボタン設定することで、外部サイトに誘導できるのがメリットです。

リッチメニューはキーボード部分に固定で表示できるため、誘導したいサイトのURLを何度も配信する手間が省けます。

実際に僕の公式LINEでも、リッチメニューを用意しています。

さらに、特定のメッセージのやり取りする機能が付けられるため、準備した特典や商品サービスへの申し込みページへの動線を作っておくのがおすすめです。

5.カルーセル

カルーセルは、横方向に画像を複数枚並べて、スライドできるカードを表示させる機能です。

「はい」「いいえ」などの選択肢を設置し、反応によって次に送る内容を変えられます。ユーザーにとって関心が強い配信内容にカスタマイズでき、集客の効率を高められます。

 

Lステップを成功させるためには教育に力をいれよう!

Lステップを成功させるには、教育が重要です。
見込み顧客の教育の良し悪しによって、事業が成功するかどうかが決まるといっても過言ではありません

教育する際には、

  • 利用規約を守る
  • 配信数をオーバーしない
  • 短期間での成果は期待できない

などに注意しましょう。アカウント凍結のリスクを防げたり、効果が期待できたりします。

Lステップについて興味を持った方は、以下の関連記事もぜひ参考にしてみてください。

 

また、僕のメルマガでは、ブログに書けない濃いネットビジネスノウハウを配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓

※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.