コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【経営者必見】集客の仕組み化でビジネスを成功へ!やり方や重要ポイントを徹底解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「集客するのに手間がかかって大変…」
「集客を仕組み化するにはどうしたらいいの?」
「集客を仕組み化してもビジネスは上手くいく?」

集客を
したい人

このようなお悩みを抱えていませんか?

集客は、ビジネスを成功させるための重要なフェーズです。人が集まらなければ、商品・サービスの購入には結び付きません。
とはいえ、集客はどうしても手間がかかってしまうのがネック。

継続的に施策を行っていく必要があるため「どうにか仕組み化できないか」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、集客の仕組み化を検討している方に向けて

  • 重要なポイント
  • やり方
  • 成果に結び付ける方法

などを解説します。

集客を仕組み化することで、別の事業に集中できたり、ビジネスを大きくできたりします。ぜひこの記事を参考にして、仕組み化にチャレンジしてみてください。

なお、僕のメルマガでは、集客を始めとしたビジネスのノウハウを紹介しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください!

 

集客は仕組み化すべき!理由を解説

集客は仕組み化すべき作業です。なぜなら、仕組み化することで、手間やコストを抑えられるためです。
手間やコストを抑えることで、別の事業に集中できたり、ビジネスを大きくできたりする可能性が高まります。

さらに、マニュアルを作成して外部に委託したり、ツールを活用したりすることで、簡単に仕組み化できます。

「集客に手間取っている」「もっと事業を拡大したい」と考えている方は、ぜひ仕組み化に取り組んでみてください。

 

【大前提】仕組み化する前に知っておきたい集客のポイント5選

集客を仕組み化する前に、まずは集客におけるポイントを確認しましょう。主に、以下の5点があります。

  1. 集客を行う目的を決める
  2. 下調べが必要になる
  3. ターゲットに合った集客方法を選ぶ
  4. 実績の確認を行う
  5. 継続が求められる

集客をすでに行っている人も、重要なポイントが押さえられているかチェックしてみてください。

1.集客を行う目的を決める

集客をする際には、目的を決めることが大切です。

例えば、販売しているコンテンツの売上増加が目的なら、コンテンツに関連する配信をして読者の興味を引くのがおすすめです。

また、知名度を上げるためなら、SNSを活用したり広告を打ったりして、さまざまなユーザーの目に触れるようにしましょう。
このように、目的によって集客の方法が異なっていくため、最終的なゴールを決めることが大切です。

2.下調べが必要になる

集客する際には、入念な下調べが必要となります。リサーチすることで、自社だけの強みが分かったり、顧客が何を求めているのか理解できたりするためです。

調べておきたい内容は、以下の通りです。

  • 販売したい商品・サービス
  • 競合
  • 見込み顧客

特に、見込み顧客のリサーチは重要です。顧客が何を求めているのかを知ることで、商品・サービスの打ち出し方が分かります

3.ターゲットに合った集客方法を選ぶ

集客の効果を最大限発揮するには、ターゲットに合った方法を選ぶことが大切です。集客方法によって、アプローチできる層が異なるためです。

例えば、大学生をターゲットとした場合は、新聞よりもYouTubeに広告を打つ方が良いと考えられますよね。

このように、性別や職業、年齢によってアプローチできるターゲットは異なります。さまざまな集客方法を比較し、自社の商品・サービスと相性の良いものを選択しましょう

4.実績の確認を行う

集客を実施したら、実績の確認をしましょう。アプローチが適切であったのか、振り返りができるためです。

実績を確認する方法の一例は、以下の通りです。

  • 公式LINEに何人友だち追加してくれたか
  • メルマガで何通読まれたか(開封率)
  • 商品・サービスの成約にどのくらい結び付いたか

集客を仕組み化をしても、定期的にデータの分析を行うことが大切です。

5.継続が求められる

集客を成功させるには、継続が求められます。1度実施したからといって、思ったような成果は得られない可能性が高いためです。

著名人や大企業でない限り、世間から注目を集めることは難しいです。そのため、集客には継続が必要となります。

期間が数カ月~1年に及ぶこともあるため、コストとの兼ね合いも重要です。

 

集客を仕組み化・自動化させる2つの方法

集客を仕組み化する方法は、主に以下の2つに分けられます。

  1. 外部に委託する
  2. ツールを活用する

各方法の特徴を順番に解説します。どちらが自分にあっているのか、比較しながらチェックしてみてください。

1.外部に委託する

外部委託は、自分がやっていた集客を他人に任せる方法です。

例えば、以下の方法があります。

  • メールマガジンの文章を書いてもらう
  • TwitterやInstagramを運用してもらう

携わる人が多くなるため、ビジネスの規模が大きくなりやすいというメリットがあります。さらに、委託する範囲を広げれば、自分はノータッチで集客することも可能です。

ただし、マニュアル作成で手間がかかったり、人件費が必要になったりする注意点があります。特に人件費が必要なので、コストと実績が見合っているのチェックすることが重要です。

2.ツールを活用する

集客を仕組み化するには、ツールを活用する方法があります。

ツールを活用することで、集客から成果まで結び付けられます。コストを抑えつつ、手間を省けるのがメリットです。

代表的なツールは以下の通りです。

  • ブログ
  • LINE
  • メルマガ
  • SNS

なお、これらのツールは組み合わせることでより効果を発揮します。

例えば、YouTubeからメルマガに誘導することで、見込み顧客の育成が可能となります。結果、商品・サービスに興味を持ってもらいやすく、成果に繋がる可能性が高まるのです。

 

【仕組み化可能】お金をかけずに集客できるおすすめツール5選

「集客をしたいができるだけコストを抑えたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。仕組み化できても、コストの関係で継続できないのはもったいないですよね。

そこでこちらでは、お金をかけずに集客できるおすすめツールを紹介します。主に、以下の5点です。

  1. メールマガジン
  2. LINE
  3. Twitter
  4. SEO
  5. リスティング広告

なお、これらのツールの中にはお金がかかるものもありますが、テレビや雑誌などで広告を打つよりも費用は抑えられます。

各ツールの特徴を順番にみていきましょう。

1.メールマガジン

メールマガジンは、見込み顧客の集客から教育まで行えるツールです。一度登録してもらえば、定期的にメッセージを届けられます。
商品のこだわりを伝えたり、そもそもサービスの必要性を説明したりすれば、徐々に興味を持ってもらえる可能性があります。結果、成果にも結び付けられるのです。

ただし、メールマガジンを行う際には、まずメールアドレスを集めなければなりません。ブログやSNSなどを活用して、リストを集めましょう。

メールマガジンはサービスによって違いがありますが、月額1万円程度で導入できます。

2.LINE

LINEは、メールマガジンと同様に登録してもらえば定期的にメッセージを送れます。役立つ情報などを発信することで、サービス・商品の利用に繋がりやすいです。
また、メールマガジンとは異なり、動画やブログなど他媒体に誘導しやすいのがメリットです。そのため、他の集客ツールとの相性が良くなっています。

なお、LINEはプランにもよりますが無料で始められるものもあります。そのため、コストを抑えたい方にもおすすめです。

LINEの運用方法については、関連記事「【ビジネス活用術】LINE公式アカウント運用のやり方を徹底解説!事例や使い方を紹介」をチェックしてみてください。活用事例やビジネスで使えるおすすめの機能を紹介しています。

 

3.Twitter

Twitterの特徴は、リアルタイム性の高さに優れていることです。タイムラインを開けば、最新の投稿を常にチェックできます。
さらにリツイート機能により、不特定多数のユーザーにあなたのツイートを届けられるのもメリットでしょう。ツイートに話題が集まれば、認知度を高められます。

また、ツイートにはURLが貼れるため、ブログやYouTubeなどの宣伝にも利用できます。

Twitterは無料で始められるので「コストを抑えながら集客を仕組み化したい」と考えている方にぴったりです。

4.SEO

SEOとは、Googleなどの検索エンジンにおいて、検索結果を上位表示させる施策です。主に、ブログやYouTubeなどで活用されています。

検索結果で上位を取れば、いままで自社のサービスを知らなかった人にアプローチできる利点があります。無料で取り入れられ、上位表示ができれば、追加のコストがかからずに見込み客を集められるのがメリットです。

一方で、効果が出るのに時間がかかることや、上位に載せるための施策は日々変化しており、定期的なメンテナンスが必須になるのがデメリットです。

5.リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの上部に表示される広告です。

このように、キーワード検索をすると、そのキーワードに応じた広告が検索結果の上部に表示されます。

  • Google広告
  • Yahoo!広告

などが有名です。

闇雲にチラシを配るのに比べて、コスパよく潜在顧客にリーチできるのがメリットです。広告のクリック数に応じて料金が発生する仕組みなので、そもそも興味を持ったユーザーがいなければ費用がかかりません。

 

集客を仕組み化したら成果に繋げよう!2つの戦略を解説

集客を仕組み化した後は、どのようにして成果に繋げるかを考えましょう。集客はあくまで目的であって、最終目標ではありません。

こちらでは、成果に結び付ける2つの戦略を紹介します。

  1. 見込み顧客を教育する
  2. 無料体験の案内をする

「売り上げを伸ばしたい」と考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

1.見込み顧客を教育する

集客を行ったら、見込み顧客の教育に力をいれましょう。

商品・サービスの購入などに結び付けるためには、顧客の購買意欲を高める必要があるためです。
そのため、どうしたら自社の商品を買いたくなるのか考えることが重要。

例えば、ダイエット商品だと、以下の手順が考えられます。

  1. ダイエットに関する有益な情報(複数回にわたって紹介)
  2. 商品・サービスの紹介
  3. 実際の利用者の口コミ
  4. お得なキャンペーン情報

このように手順を踏み、顧客の購買意欲を徐々に高めていきましょう。

見込み顧客の教育について詳しく知りたい方は、関連記事「【極意】ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)成功の秘訣は教育にあり!個人で使える手法とは」を参考にしてみてください。成果に結び付けるための基本を解説しています。

 

2.無料体験の案内をする

成果に結び付けるためには、無料体験の案内をするのも戦力の1つです。
商品・サービスの購入ハードルを低くするためです。無料体験であれば、顧客も「利用してみようかな」と思ってもらえるでしょう。

商品・サービスの良さを知ってもらえれば、本契約に結び付く可能性が高まります。
無料体験が難しければ、モニター価格などのキャンペーンを用意するのもおすすめです。

ぜひこの記事を参考に、集客の仕組み化にチャレンジしてみてくださいね!

ブログには書けない濃い内容のネットビジネスノウハウについては、僕のメルマガにて配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください。

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓

※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.